美容整形で理想の二重に仕上げる|目元コンプレックス解消

レディー

化粧と違う点は

女医

ここが違う

二重に整形した場合と化粧で二重にした場合とでは違いがあるのか気になります。ほとんど差はないですが、整形した場合は自然に瞼の幅を揃えることができます。化粧で作る場合は慣れないと左右対称に幅を作ることが難しいです。どちらも自然な目元にはなりますが整形してしまうと元の目には戻すことが不可能となります。化粧ではいつでも目幅を調節することは可能ですし、素の顔を維持することができます。一度目頭を切開してしまうと、目元も大きくなり印象がかなり変わります。手術後も数日は目元は腫れています。時間が経てば腫れは引きます。リスクは多少ありますが、自分がなりたい目元になれます。手術する前には医師からも説明があります。

一日中キープさせるために

二重を作るには整形をせずにもできてしまいます。昔はアイプチを使用して二重を作っていました。今でもありますが、アイプチよりも長い時間二重をキープすることが出来るものがあります。アイテープといって細い粘着テープになっています。肌に貼っても問題が無いものとなっています。テープの色も肌の色と同じになっていることで化粧をしても目立つことはないです。使いこなすまでには時間がかかるかもしれないですが、アイプチよりはメリットが大きいです。アイプチはのり状になっているため、瞼につけ乾くまで待たなくてはいけないです。また目に入らないように気を付けることも必要となります。多く付けすぎるとはみ出てしまうので注意が必要になります。また、永続的な効果が得られるわけではありません。長時間二重を維持したいのなら、やはりいちばんは整形による二重でしょう。